視力回復するには

遠視とは

【遠視】

 

遠視とは、近視や乱視と同じように、屈折異常の一種です。

 

入ってきた光が、網膜を通り越した位置で結ぶような屈折を起こしてしまう状態のことをいいます。そのため、網膜に届いた映像はぼやけて見えてしまいます。

 

遠視という呼び名から、遠くはよく見えて、近くのものが見にくいのでは、というようなイメージを抱いてしまいがちですが、それは間違いで、遠視の眼だと遠くの物も近くの物も、ぼやけて見えてしまうのです。特に近くが見えづらくなります。近い方が、水晶体をより厚く調節する必要があるためです。

 

しかし、若い人の場合は、まだ目の調節力が強いため、焦点を網膜上に移動させることができます。そのため、無理にピントを合わせて見ることができますが、近くを見ても遠くを見ても網膜上に焦点を移動させようと、目は常に緊張していることになります。そのため、目の疲れは激しく、特に近くを見るときは、目は相当疲労してしまいます。そして、年齢を重ねることにより、調節もうまくいかなくなってくると、近くのものも遠くのものも見えづらくなっていく傾向にあるようです。

 

なぜ、網膜を超えたところで焦点が合ってしまうような屈折異常が起こるのかというと、大きく2つの理由があります。

 

ひとつは、角膜や水晶体の屈折力が弱い場合。そのため網膜を通り越したところで焦点を結んでしまうということ。一般的に「屈折性遠視」と呼ばれています。
もうひとつは、角膜から、網膜までの距離が短い場合です。これも、焦点がしっかり合わず、網膜を通り越した場所で、焦点を結んでしまいます。これは「軸性遠視」と呼ばれます。特に軸性遠視は先天的なものが強く、遠視と呼ばれる場合はこのケースがほとんどです。

 

遠視は近視に比べ、目にかかる負担は大きく、遠くも近くも見えにくい状態であるため、これが子供の頃から症状が出ている場合は、さらに注意が必要です。

 

6歳〜10歳程の目の発達過程の間に、ものがはっきり見えない状態が続くと、脳がものを見ようとしなくなる弱視になってしまう場合があります。斜視を招くこともあるのです。遅くとも10歳までには子供の遠視を発見し、早めに矯正することが大切です。

 

遠視は現在、手術以外で治す方法は見つかっておらず、その決定的な予防法もないのが現状ですが、遠視用の眼鏡やコントタクトで簡単に矯正出来るので、目の疲れや見えづらさを感じる場合は、眼科でしっかり診てもらいましょう。また最近ではレーシックで矯正することも可能になりました。