視力回復するには

乱視とは

【乱視】

 

乱視とは、目のレンズの役割をする「角膜と水晶体の部分のゆがみ」によって引き起こされる焦点が合わない状態のことをいいます。

 

人が「ものを見る」ということは、虫眼鏡で太陽の光を一点に集める原理と同じで、目の角膜と水晶体に光が当たり、適度に曲げられ(屈折)、目の奥の網膜で一点に集まることによって「見える」のですが、レンズである角膜と水晶体の部分がゆがんでいると、光もゆがめられて一点に集まらずに、ずれてしまいます。この状態が乱視です。

 

近視や遠視といったものは、見るものまでの距離によって見え方が違うものですが、乱視は、見るものまでの距離にかかわらず、ぼけて見えてしまいます。つまりどこにもピントが合わない目なのです。

 

乱視の見え方は、明るさによっても違ってきます。暗いと更に見えにくく、明るい場所では乱視を感じないくらい見えやすくなったりします。車の運転などで、だんだん暗くなってくると、道路の表示や信号の矢印などが判別しにくくなってくるので注意が必要です。

 

光は瞳孔を通って目の中に入ってきますが、暗いところでは沢山光を取り込もうと瞳孔が大きくなり、明るいところでは逆に小さくなります。広い範囲の瞳孔から取り込まれた光は、網膜でも広がります。その分ピント合わせのズレが大きくなってしまい見えにくく、狭い範囲からではピントがそれほどずれないために綺麗に見えやすいという原理です。

 

しかし、この角膜や水晶体のゆがみは、ほとんどの人が持ち合わせています。人の目において、全くゆがみがないという方が不自然であり、乱視のない目の方が珍しいくらいです。よって、乱視があるかないかではなく、乱視がどのくらいあるかが問題になってきます。

 

弱い乱視の場合はそれほど問題ないのですが、強い乱視になると、近くも遠くもぼやけて見えにくくなるため、目は少しでもピントを良くしようと筋肉を動かし続けるため、目が極度に疲れやすく、頭痛や肩こりの原因になったりもします。そうなるとどうしても矯正が必要になってきます。

 

乱視になりやすい人の特徴として、近視の初期の段階で無理にものを見ようとして、目を細めて見ることが多いようです。そのため眼球が上下に圧迫され、網膜や水晶体がゆがみやすく、乱視をまねいてしまう可能性が高まります。

 

近くでも遠くで、ものが見えにくくなったら、早めに視力トレーニングをして回復させることをオススメします。目を細めてものを見ることはやめましょう。