視力回復するには

メガネをかけると視力低下?

 

視力が低下すると、目が見えなくなってきます。そこで、メガネをかけるのですが、メガネをかけると、どんどん視力が悪くなります。見えるようにと思ってかけるメガネが原因で、さらに視力の低下につながるのです。

 

メガネをかけている方は、すでにご存知のはずです。メガネをかける前と後では、後のほうが明らかに視力は悪くなっています。

 

よく、”視力が回復することが信じられない”、という方がいます。”視力が回復するなら、メガネをかける人はいない”、と。

 

しかし、そうではありません。メガネをかけるから視力が低下するのです。

 

ですので、メガネをかけなければならないとき以外は、メガネはしないほうがいいでしょう。また、これ以上視力を悪くしないためにも、メガネの度が弱いほうがいいと思います。

 

視力の低下原因が生活習慣にあって、メガネを必要となるときには、すでに視力が低下しています。この時点で、しっかりと視力回復トレーニングを始めれば、短期間で視力が回復しやすくなります。

 

しかし、メガネをかけてからさらに視力が低下した場合は、視力回復トレーニングをしたとしても、少し時間がかかるでしょう。

 

視力0.7くらいでしたら、簡単に視力は1.0に戻ります。0.1まで落ちてしまうと、1ヶ月前後かそれ以上かかるでしょう。

 

もし、メガネをかけて視力の低下されたのでしたら、早い段階で、視力回復トレーニングをすることをおすすめします。

 

 

>>管理人イチオシの視力回復トレーニングはこちら<<