視力回復するには

読書で目を悪くしないコツ

暗い所で本を読むと目が悪くなりますが、では、明るければ悪くならないのかというとそうではありません。

 

明るければそれでいいのかというとそうでもないのです。本を読むときは、部屋の明るさよりも本には少し明るめの明かりを当てるようにします。

 

この時、その明かりの光線が直接目に入らないように気をつけなければなりません。

 

目の網膜は、非常にデリケートで光線が目に当たるとすぐに疲れてしまいます。

 

本の紙質が光沢のあるものや机がガラス板になっていて、明かりの光線が反射して網膜を刺激するような場合は、光線が視野に入らないようにするといいでしょう。

 

明るすぎるのもあまり良くありませんし、直接目に光線があたるのも目にとっては良くないのです。部屋の明るさよりもやや明るいくらいが好ましいですね

 

具体的には、部屋の明るさは、実際に机の上で本を読んだ場合には、手元には300から1000ルクスの照度が必要です。

 

となると、机にはスタンドが不可欠になります。さらには、部屋の照明とスタンドとの明るさに差があると目は非常に疲れます。まずは、部屋の照明を明るくすることいいでしょう。

 

目が疲れると、目の機能が衰えます。本を読むスピードが落ちたりした経験はありませんか?

 

視力低下にならないためには、明るい部屋で読んでほうがいいですね。

 

 

読書で目を悪くしないコツ関連ページ

視力回復の自然界の法則
視力回復方法は自然界を見るとよく分かります。|正しい視力回復トレーニングをすれば、視力が回復することは今や常識です。誤ったトレーニングをしていては、どんなに頑張っても視力は回復しません。正しい知識とトレーニングで光を取り戻しましょう。
脳が見ている!?
ものを見ているのは目と思っていませんか?実際に見ているのは脳なのです。そのことが分かるように簡単に解説しました。