視力回復するには

視力回復の自然界の法則!

視力と太陽の光は、大きく関係していて動物を見ていてもよく分かります。自然界の動物の生態から教えてくれます。

 

例えば、鳥の視力は、人の視力の数倍といわれています。代表的なのは大空を羽ばたくハヤブサ。上空数百メートルからでも地上の小さな獲物を見つけ出して捕獲します。

 

人間に比べて視力がずば抜けていいのです。

 

上空を飛ぶ鳥は、太陽の光で明るいときに、活発に活動し、太陽が沈んで暗い夜は、しっかりと眼を休ませています。

 

人間のように不十分な光で眼を酷使したりしていないので、素晴らしく視力がいいのです。

 

その反面、暗闇や深海で生息する動物は、太陽に光が届かないため何も見えず、眼を使うことがないのでどんどん退化していきます。

 

要するに光は、眼を刺激することも休ませることもできるのですね。

 

なので、光を適度にあてることで、眼が強化され視力回復にも効果があるといえるのです。

 

 

そこで、太陽の光を利用して、簡単で効果的なトレーニング方法をご紹介します。

 

 

@目を閉じます⇒A顔を太陽に向ける⇒B首を回す⇒Cリラックスできたらパッと眼を開けます

 

眼を開けたときは、絶対に太陽を見ていけません。

 

これを、何回か繰り返します。太陽の光に慣れてきたら、徐々に太陽の近くを見るようにしていくといいです。

 

このトレーニングを、時々するだけで効果的ですが、トレーニング時間を少し伸ばしていくとさらに眼は強くなります。視力回復の効果もかなり大きくなりますよ。

 

太陽の光を利用したトレーニングは、本当に清々しいです。しかも、視力が良くなるのですからね。

 

 

 

 

 

 

 

視力回復の自然界の法則関連ページ

読書で目を悪くしないコツ
視力回復も大切なのですが、視力を落とさないことも大切なことです。視力は部屋の照明の明るさの調節だけでも変わってきます。一度、照明の明るさもチェックしておきましょう。
脳が見ている!?
ものを見ているのは目と思っていませんか?実際に見ているのは脳なのです。そのことが分かるように簡単に解説しました。