視力回復するには

なぜ視力回復できるの?

 

距離が違う物が見えるのは、水晶体の形が変化することによって焦点を合わせることができるからなのです。

 

分かりやすく書くと、

 

私たちの眼は、正常ならば、遠くにあるものでも近くにあるものでも、はっきりと見ることができます。なぜなら、一瞬で焦点を合わせることができるからです。しかし、近視になると水晶体が厚くなった状態になり、そのため焦点がずれてしまい遠くのものが見えにくくなるのです。

 

焦点がずれる=ピントがずれる

 

眼が正常なときというのは、眼に入った光が水晶体を通り、網膜に達した時にピントが合っていればはっきりと見えるのです。カメラに例えると、遠くのものを写しているとき、近くのものがぼやけて見えません。なので、近くの物を見るときは、ピントを合わせることではっきり見えるようになりますね。

 

これと同じ原理で、近視の人の場合は、このピントを合わせるために、目に入る光の角度を調節するためのメガネが必要だったのです。

 

だったのです・・・

 

これは、光の角度を調節するために近視用のメガネが必要だったのですが、その後、異なった距離の物が見えるのは、眼球が変化して調整している、ということを発見したベイツ説が現在では有力になっているからです。

 

ベイツ説というのは、眼筋(4つの直筋と2つの斜筋)が眼を支えていて、遠くの物を見るときは、直筋の力で水晶体を平らに引っ張り、近くの物を見るときは斜筋の力で水晶体を締め付けることで、どんな距離でも焦点を合わせることができる、というものです。

 

この説がきっかけで、眼筋の作用で眼球の形を調節することで、映像を網膜上に写すことができることが分かったのです。そして、視力が回復できる眼筋体操が考案されるようになりました。

 

眼筋体操によって、メガネの助けなしに眼を正常に戻すことが可能になったのです。

 

眼の疾患(近視、遠視、乱視)の多くの場合、この眼筋を酷使しているとも言えます。眼筋が緊張状態だと眼の機能は正常に働きません。眼筋が弱くなっていたら、見たいものに照準が合わないのです。

 

かといって、メガネやコンタクトに頼ると、もっと眼筋の力を取り戻すことは出来なくなり、視力はさらに悪くなります。これでは、意味がありませんね。

 

メガネやコンタクトは必要なときだけ使用するようにしたほうがよさそうです。

 

視力回復とは、正常な眼筋を取り戻すこと、と言っていいでしょう。そのための効果的なトレーニングをたまに行うだけで眼筋は正常に戻ります。

 

子供の視力回復方法はこちら


 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ視力回復できるの?記事一覧

視力回復の自然界の法則

視力と太陽の光は、大きく関係していて動物を見ていてもよく分かります。自然界の動物の生態から教えてくれます。例えば、鳥の視力は、人の視力の数倍といわれています。代表的なのは大空を羽ばたくハヤブサ。上空数百メートルからでも地上の小さな獲物を見つけ出して捕獲します。人間に比べて視力がずば抜けていいのです。...

≫続きを読む

読書で目を悪くしないコツ

暗い所で本を読むと目が悪くなりますが、では、明るければ悪くならないのかというとそうではありません。明るければそれでいいのかというとそうでもないのです。本を読むときは、部屋の明るさよりも本には少し明るめの明かりを当てるようにします。この時、その明かりの光線が直接目に入らないように気をつけなければなりま...

≫続きを読む

脳が見ている!?

私たちは生活の中で動画を簡単に見れるようになりました。テレビやパソコン等で、映画やテレビが見れますよね。しかし、映画もテレビも動画なのですが、動画と簡単に言っても実は、動いている画像は何一つないのです。『そうはいっても、動いているじゃないか』という声が聞こえそうですが・・・では、なぜ映画は、動いてい...

≫続きを読む