視力回復するには

視力回復メガネの視力アップ!?

視力回復メガネの視力をアップする方法

 

 

視力回復メガネ(ピンホールメガネ)を使って、視力をアップするには、

 

トレーニング1

 

@視力検査表を壁に貼って、最上部にあるランドルト環の0.1が裸眼で見えるか見えないかくらいのところで立ちます。

 

A視力回復メガネをつけ、0.1のランドルト環を5秒見ます。

 

B視力回復メガネを外し、0.1のランドルト環を1秒見ます。

 

CAとBを3分ほど繰り返すと、裸眼で見えそうで見えなかった0.1のランドルト環が見えるようになります。

 

 

視力が上がれば、ランドルト環を0.1から0.2に上げていくか、立つ位置を少し遠くにして、この方法を繰り返すと効果的です。

 

このトレーニンでは、見えそうで見えないランドルト環を使うことが重要です。

 

日常生活で、視力回復メガネをつけたままでも効果はあります。テレビを見たり、本を読んだりするときでも使用してもいいのです。特に使用時間の制限もありません。

 

トレーニング2

 

視力回復メガネをつけたまま、テレビを見ます。そのとき、

@あごを引き上目遣いで3分ほどテレビを見ます。

 

Aその後、下目遣いで3分ほどテレビを見ます。

 

これだけで、上のまぶたと下のまぶたの開けたり占めたりする筋肉が鍛えられドライアイの予防や改善につながります。

 

 

視力回復メガネで視力アップするメカニズム

視力回復メガネの小さな穴から入ってくる光は、一本の光に集約して眼球の中に入ります。この光は水晶体で屈折させる必要がなく、光は網膜上で像を結ぶことができるようになるのです。そのため、毛様体筋を使うことなく、はっきりと物が見えるという仕組みです。なので、近視、乱視、老眼でもはっきりと見えるようになるのです。小さな穴による現象ということからピンホール現象と呼ばれています。

 

管理人の私的意見

視力回復メガネは、つけたままでも効果はあるのですが、視力の回復をするにはトレーニングが欠かせません。上記にトレーニングメニューを書きましたが、毎日続けるとなると、かなり根気が必要になります。なかなか続かないのが現状なのです。

 

もっと簡単で楽にできるトレーニングはあるのか?と思い、当サイト人気No.1のアイトレーニングをオススメします。大人だけでなく、子供にも圧倒的人気があります。なぜなら、簡単だからです。これを使ってトレーニングが続かなければ、他のどのトレーニングにチャレンジしてもまず、三日坊主になるでしょう。