視力回復するには

ドライアイとは

【ドライアイ】

 

ドライアイは、目を守る涙液の減少、あるいは涙質の変化によって眼が乾くために、不快な症状が現れ、眼の表面に傷を生じる場合もある疾患です。

 

現代では、テレビ、パソコン、携帯電話などに囲まれた生活で、目を酷使する環境にあります。その分、眼が疲れやすく、何となく眼に不快感を生じているという人が増えています。その疲れ眼や不快感には、ドライアイが関わっている場合が少なくありません。

 

ドライアイは、今現在800万人以上もの人が症状に悩まされていると推定されているにも関わらず、病気として認識している人は少なく、自分がドライアイだと認識していても、そのまま放置している人が多い現状にあるようです。

 

軽い症状ならやがて落ち着くこともありますが、強い症状や長引いている症状は放っておいてはいけません。眼の表面が傷ついていることが考えられ、傷から細菌が入り込むと、眼全体に感染が起き、治りが悪いと視力まで低下する恐れもあるのです。

 

次のような症状、環境に多く当てはまる場合はドライアイになっている可能性が高いので、
チェックしてみてください。

  • 目が疲れやすい
  • 目がすぐ乾く
  • 目がゴロゴロする
  • 目やにが出やすい
  • 光をやけに眩しく感じる
  • 朝起きたとき、目が開けづらい
  • テレビやパソコンの画面が長く見ていられない
  • 目が痛いと感じることがよくある
  • 涙が出る
  • ストレスをよく感じている
  • パソコンをよく使う
  • テレビを長時間見続けることがある
  • 細かい作業をすることが多い
  • コンタクトレンズを使用している

 

ドライアイになる原因としては、上記にも含まれているように、まばたきの回数が減ることで、涙の分泌量が減ることで起こります。または、ストレスも関係しているといわれます。
また、加齢によっても涙の分泌量は低下しますし、コンタクトレンズを使用していると目が乾きやすくなるため、コンタクトで目が乾く場合は専用の目薬が効果的です。(ただし、過度の目薬を習慣にすることは控えましょう。)

 

ドライアイの対策と予防法としては、やはり目の疲れからドライアイに繋がることを防ぐために、テレビやパソコン、集中する作業が続く場合など、「定期的に目を休める」ことが大切です。そして、なにより涙の量を増やすために「まばたきの回数を意識的に多く」しましょう。

 

また、湿度の多いお風呂では目が楽になるのがドライアイの特徴でもあるのですが、乾燥した部屋では更に目が乾きやすくなってしまいます。エアコンは乾燥の元になるので、直接風にあたらない工夫も必要です。加湿器を置くなどして、室内の湿度を保つことが目にとってもとても重要なことなのです。