視力回復するには

老眼とは

【老眼】

 

老眼というのは、正式名称「老視」のことをいい、一般的に近くの物が見えづらくなるという人間誰しも避けることが出来ない、眼における老化現象の1つです。

 

老眼の症状が出始めるのは個人差がありますが、一般的に40歳を過ぎたあたりから症状が出る人が多く、最近では携帯電話やゲーム、パソコンなどの影響もあり30代で自覚する人も少なくありません。50歳を過ぎたあたりには、老眼であるという事実を自覚する人が多くなります。

 

今までは見えていた新聞の文字や、パソコン、本などを普通に見ようとしても、それが見づらくなり、しかし少し離すと普段通り良く見えたり、気づけばものを30cm以上離して見るようになったという場合は老眼の可能性が高いと言えます。

 

それではなぜ、年齢が進むことによって近くが見えづらくなり、老眼になってしまうのでしょうか。

 

その大きな原因は、眼のレンズの役割をしている水晶体の機能が加齢によって衰えるために、弾力性がなくなることと、水晶体の厚さを調節する毛様体という筋肉が衰えることにより、水晶体を厚くすることが出来ないために、近くにピントが合いづらくなり、近くが見えにくくなるのです。

 

老眼は誰にもあることだと、ほっておくと老眼が更に進んでしまう原因になりますし、目の疲れを極度に感じたり、肩や首のコリ、頭痛や吐き気などがするようになったりもします。
早めに、眼鏡やコンタクトで老眼対策を行うようにしましょう。

 

いずれ老眼になるとは分かっていても、老眼になるのは、やはり出来るだけ遅いほうがいいですよね。そのための対策として効果的なのが、「眼の体操」と「食事」です。

 

先ほども述べたように、毛様体筋が衰えてくると、水晶体の厚さを調節出来なくなってしまいますので、毛様体筋を鍛えることによって、ある程度の視力回復と、老眼の予防が可能です。

  • 顔は動かさずに上下左右をそれぞれ2秒程ずつ見る。
  • 眼だけを大きくゆっくりと、左右それぞれ2周くらいずつグルグルと回す。

こういった簡単な眼の体操を一日数回心がけるだけで、毛様体筋が鍛えられ、老眼の予防に繋がります。

 

そして、バランスのいい食生活をすることが眼のためには大切です。

 

抗酸化物質であるルテインやコエンザイムは積極的に摂取することや、ブルーベリーに豊富に含まれているアントシアニンは、眼の疲れをとり、眼の健康を維持する力あることは有名です。または、ビタミン郡も毎日たっぷり摂る生活を送ることが老眼予防になります。