視力回復するには

視力回復のためのトレーニングって!?

世間で騒がれている視力回復の方法として、「視力回復トレーニング」というものがあります。これは、文字通り視力を回復させるためのトレーニングです。とはいえ、このトレーニング法も様々です。今回は、ここでそのトレーニング方法のいくつかをご紹介させていただき、みなさまの参考にしていただけると幸いです。

 

まず一つ目に、アメリカの眼科医の方が考案した視力回復法を紹介させていただきます。このトレーニング法は、目の周りの筋肉や神経を鍛えるというものです。そうすることで、低下した眼の機能を回復させて、悪くなった視力を取り戻していくことができるようなのです。

 

では、この視力回復トレーニングは具体的にどのように進めていけば良いのでしょうか?

 

まずは、眼球トレーニングという運動から始めます。この時に、目の筋肉を鍛えることを意識してトレーニングをなさってください。目を上下左右に動かしたり、眼球をぐるっと回転させたりしてください。慣れるまでは人差し指を動かすことによって、それを焦点として目を動かすようにすると楽にトレーニングできるかもしれません。

 

この時、意識的に寄り目にしたり、反り目にしてみるのも、良いトレーニングになるはずです。このトレーニングは、およそ3分程度でできるものなのですが、思いのほか目が疲れます。なぜ、目が疲れたように感じるかというと、使っていない目の周りの筋肉が衰えていて、ちょうど運動不足の状態になっているからなのです。

 

さらに、別の視力回復トレーニングについてです。手で自分の目の前にボールペンを持ってきて、それを凝視してください。5秒ほど見つめた後に、できるだけ遠くの建物や木などを見るようにしてください。近くのものと遠くのものを交互に見る事により、ピント調節をトレーニングすることができるようです。

 

 

調節力のトレーニングとしては、みえるかみえないかと言うギリギリの文字を目を細めないようにしつつ、注意深くみるようにするのも効果的な方法と言えます。息を止めないで、瞬きを強めにして行ってください。このようなトレーニングを3分ほど交互に続けていきます。そうすることで、毛様体筋と水晶体を鍛えることができるのです。終わった後は、目を閉じて目を休ませてください。

 

 

このような視力回復トレーニングは、視力低下は目の機能の低下によるものであるととらえています。それで、目の機能を向上させることにより視力を回復させているのです。とはいえ、視力は一日二日では回復しませんから継続してトレーニングしなければならないでしょう。

 

そうはいっても、このような視力回復トレーニングをやりすぎると逆効果になってしまうこともあるため注意が必要です。トレーニングを1日10分程度にとどめて毎日継続してトレーニングすることに重点を置くことも良い方法です。

 

視力回復のためのトレーニングをしたとしても、突然劇的な効果を感じることはないかもしれません。しかし、トレーニングを継続することで一定の成果を期待することが出来ますが出ます。

 

視力が回復していないように感じたとしても、それ以上視力が悪化しない状態をキープしているかもしれないからです。視力が悪化していくスピードが、視力回復トレーニングの効果を上回る事も十分に考えられます。

 

このような視力回復トレーニングは、必ず裸眼で行ってください。そして、終わった後は目を休息させることも忘れないでください。このようなトレーニングのポイントをしっかり押さえることで、安心して視力回復のトレーニングを続けられてください。

 

 

やっと見つけました・・・・
おすすめの視力アップトレーニングです。

 

視力アップするための正しいトレーニング方法があることをご存知でしょうか?過去多数の方が視力アップに成功した【驚異の視力回復トレーニング】その内容とは?視力アップに成功した方の感想を多数掲載中・・・