視力回復するには

視力が回復する方法はご存知ですか?

当サイトでは、3つの視力回復のトレーニングの人気商品をご紹介します。視力は回復するのですから、使わない手はありません。いろいろなトレーニング方法がある中、簡単なもので効果のあるものだけを紹介しています。5分程度でいいのです。視力が良くなるなら継続できます。5分が辛いようでしたら、1分でいいのです。

 

効果のある人気視力回復トレーニング、『アイトレーニング』を購入し実践してみました。視力0.1から0.8までになりました。

 

管理人イチオシ!!『アイトレーニング』のレビューはこちら

視力回復するために、管理人自身が購入して使った感想と評価をつけ本当に視力回復した効果の高い順にランキングしました。参考にしてみて下さい。

視力回復,アイトレーニング,視力回復トレーニング,目 トレーニング


アイトレーニング  1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

視力回復,アイトレーニング,視力回復トレーニング,目 トレーニング

たった5分間ほどの遊び感覚で楽しみながら視力が回復する視力回復トレーニングです。子どもでも簡単に視力トレーニングができるようになっていてトレーニング後には視力の回復を実感できました。購入して3か月たちますが、毎日継続してトレーニングできているのは、このアイトレーニングだけです。アイトレーニングの評価は、私のなかではダントツで高いです。

価格

返金保証

評価

15800円 あり 視力回復,アイトレーニング,視力回復トレーニング,目 トレーニング

視力回復「福辻式」

東洋医学独自の方法で、一日5分のストレッチで視力回復ができます。頭蓋骨や第一頚椎といった部分を緩めることで視力の回復ができるようです。始めた当初は、全く慣れませんでしたが、1週間くらいして慣れてきました。そのころには、いつも硬直していた目が柔軟になるのがはっきりと分かります。ストレッチ自体、簡単なのですぐに覚えられ、仕事の休憩時や夜寝る前にすると効果的だと思います。正直、毎日する必要はなく、週に2〜3回ほどで十分に視力の回復が見込めます。

 

価格

返金保証

評価

14800円 あり 視力回復,アイトレーニング,視力回復トレーニング,目 トレーニング

徳永式1.5視力回復プログラム

1日10分聞くだけで視力アップできるトレーニングがあります。それが、徳永式1.5視力回復プログラムです。とても簡単で、トレーニングも覚えてしまえばいつでもどこでもできます。最初は聞きながらやると楽ですし、10分もすれば視力回復の効果が実感できます。効果がはっきりと分かるので継続してトレーニングできます。

 

価格

返金保証

評価

19800円 あり 視力回復,アイトレーニング,視力回復トレーニング,目 トレーニング

 

視力アップは誰でもできる?!

 

メガネをかけるとさらに視力下がるし、コンタクトレンズはお金かかるは、めんどくさいし、レーシックは高くて怖くいし。

 

実際にレーシックで視力は回復するようですが、また視力を下げるような同じ生活環境が続けば、また視力は低下します。せっかく手術しても意味ありません。

 

自力で視力は回復するのですから、わざわざ高いお金を出す必要もなく、メガネもコンタクトレンズもおさらばしようではありませんか。レーシックなんて論外です。

 

 

視力回復についての知られざる事実

 

視力を回復させるなんて、何をやっても無駄だと思っておられませんか?
回復のために色々試したものの、効果がなくあきらめている方は少なくないはずです。

 

特に、近視になった時点で諦めてしまう人が多くおられます。ほとんどの場合、一度低下した視力は二度と戻ることはないと思い込んでいることもその原因の1つのようです。

 

確かに、視力回復について多くの方が誤解していることは少なくありません。それで、ここでは視力とその回復についての知られざる事実をいくつかご紹介させていただきます。

 

例えば、最近の研究によると、暗いところで本を読むと視力が落ちるというのは迷信であることが分かったようです。このような事実は全く根拠がないということです。暗いところで本を読むと、目の筋肉が緊張することにより一時的に視力が落ちることはあるようです。とはいえ、そのあと目を休めることで視力を回復させることができるようなのです。

 

さらに、テレビやパソコンの見過ぎ、つまりは目の使い過ぎにより、目は悪くなると多くの方が感じておられることと思います。ですが、厳密に言うとこのような考え方も間違いなのです。

 

本当のメカニズムは、テレビやパソコンの見過ぎにより、目の筋肉つまり眼筋が長時間動かないことにより、運動不足になるのです。一点を見つめることが多く、眼筋が動かないため眼筋が衰え、その結果視力が低下することになるのです。

 

他にも、視力回復のトレーニング方法を選ぶ際にも注意しなければなりません。なぜなら、遠視や乱視などその症状により効果的な視力回復法が全く異なるからです。例えば、近視に効果的な視力回復トレーニングであっても、遠視や乱視には全く効果がないこともあるようです。

 

具体的に例をあげると、近視に有効な毛様体筋のトレーニング法があります。このトレーニング方法は遠視や乱視には効果を期待することはできません。その原因として、遠視はほとんどが軸性遠視という眼球が短い状態にあるからです。

 

乱視の場合も角膜のゆがみが視力低下の原因となっているからです。とはいえ、眼筋トレーニングであれば、近視・遠視・乱視すべてに効果を発揮する視力の回復トレーニング法となります。

 

このように、視力やその回復について私たちが誤解していたり、よく知らないことは少なくありません。それで、視力の回復に取り組む前にそのような誤解や思い込みを払拭し、正しい知識に基づいて措置を講じていくのは知恵の道だと言えます。

 

視力回復とダイエット

 

体重80kg⇒60Kgのダイエット成功!  と   視力0.1⇒0.8の視力アップ成功!

 

ダイエットと視力回復の困難さを比較した場合、明らかにダイエットのほうが辛いトレーニングをしなければなりません。

 

 

ダイエットと視力回復を比較しているのは、どちらもトレーニングで可能であるということです。

 

頑張ってダイエットすれば減量できるし、その実感があります。視力回復も同じで、視力アップがはっきりと分かります。

 

しかし、どちらが大変かというと、明らかにダイエットでしょう。本当に頑張らないと減量できません。

 

それに比べて、視力回復トレーニングは、一日たった数分でできます。しかも楽に。ダイエットよりもはるかに楽で簡単なのです。

 

 

また、ダイエットと視力回復の共通する部分があります。それは恐ろしいリバウンドです。せっかくスリムになったかと思っていてもほったらかしにしたら、あっという間に元通りになります。視力のリバウンドもやはり生活環境がそのままだと、自然に視力は下がります。

 

 

ただし、視力回復トレーニング自体、楽で簡単なので、一度視力回復に成功していれば、リバウンドしてもすぐに回復できます。

 

一度、よくなった視力が、また悪くなったら、目の悪いことの不便さに、自らトレーニングをするようになるでしょう。